FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<08  2018/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
頑張る気持ちさえあれば、年齢なんて関係ない。
第49回の社労士試験の合格率は6.8%で

前回から上昇しましたが、相変わらずの難しさでした。

合格された方は、おめでとうございます。

惜しくも不合格だった方は、残念でしたが

発表からすでに2ヶ月が過ぎ、ショックも

和らいでいる頃ではないでしょうか?

試験はどんな試験でも合格したいものですが

社労士試験の場合、不合格だからといって

開業を目指しているわけではないのならば

そんなにショックを受けるほどに

残念に思うことはないように思います。

私は、社労士試験に合格後、役所等で

社労士業務などで働いていたこともありますが

公務の場合は、臨時職員であっても

社労士の資格がなくても、社労士業務を行っても

差し支えないようで、周囲には社労士でない方が

大勢、社労士業務の仕事をこなしていました。

開業するのでもなければ、

特に社労士資格が必要というわけではないのです。

それだからというわけではありませんが、

私は、数年前から社労士業務に魅力を感じなくなり

今では、もう社労士の仕事をする気力が失せてしまいました。

そんなわけで、今では、若い頃に戻って

プログラムの仕事に就いています。

「プログラミングなんて若い時だけ」

そんな風に思って、53歳の時に、

プログラミングをリタイアして、その後

社労士資格を取得、社労士の仕事をしたりしていましたが

社労士だって何も変わりません。

実務経験の無い者ができるほど

社労士業務だって簡単なものではありません。

社労士業務であれ、プログラマーであれ、

頑張る気持ちがあるかどうかです。

年齢なんて関係ない。

そう思います。

それで今、私は、再び、プログラマーに挑戦。

それも経験のあるプログラム言語である

「COBOL」とかではなく

全く経験のない「JAVA」を勉強しています。

そして、昨年10月からは、

「ANDROIDアプリ」の作成も

独学で勉強を始めました。

「手帳アプリ」を作成したいと思ったからです。

でも、「手帳アプリ」の作成には

かなりの時間を要しそうなので、

まずは、簡単なゲームアプリを作成してみました。

Google Play に登録リリースする手順を

まずは覚えたいと思ったからです。

働きながら3週間で作成できました。

とにかくまずは、

Google Play に登録リリースする方法を

知ることが目的で作成した簡単なアプリですので

つまらないものですが、

2、3週間で作成できるものがどんなレベルのものか

知る上では参考にできると思います。

関心のある方は、ダウンロードしてみてください。

↓そのアプリがこちら

「桜 神経衰弱」

*************

以上のような理由で

私は、現在、社労士業務を休み、

プログラムの仕事をしており

休みの日は、「手帳アプリ」のプログラミングに励んでいます。

今後もよろしくお願いします。

ブログランキングに参加中!
↓よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ  ☆⌒(*^-゚)v Thanks!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

ブログランキング
最新コメント
最新記事
合格者の方へアンケート
プロフィール

欲張り投資家

Author:欲張り投資家
55歳という高齢の上、プログラマーのため基礎知識が全くありませんでしたが働きながら学習して社労士試験に臨み2回目の挑戦で合格しました。
でも、試験には合格できましたが、実務経験もない高齢者が社労士を目指し、はたして社労士として生きていくことができるようになれるでしょうか?
当ブログは、不安を感じながらも、多才な人生を目指して日々奮闘努力する毎日を記録しています。
記事の中には、社労士として誇りを持って頑張っていらっしゃる方には不快に感じる部分もあるかもしれませんが、私も感情の起伏があり、失望したりまた希望を持ったりしながら努力していますので、理解していただけることを願っております。
どうぞよろしくお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天
訪問者数
QRコード
QR
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。